寝ても疲れが取れないときはありますか?
自律神経の乱れからくる睡眠の質の低下を改善するためには、コエンザイムQ10がおすすめです。コエンザイムQ10は酸化ストレスを緩和しいびきを予防する事で寝起きを改善します。
起床しても眠気やだるさが残っている時は、睡眠の質に問題があります。充分な睡眠時間を取っていても質が悪ければ疲労は回復しません。仕事のストレスから自律神経が乱れていると、直ぐ寝付けなかったり夜中に目覚めたりします。そうした症状を改善するには、サプリメントによるコエンザイムQ10の摂取が効果的です。コエンザイムQ10には身体が疲れる原因である活性酸素を除去する抗酸化作用があり、酸化ストレスを緩和する事で睡眠を改善します。また喉まわり筋肉を引き締める事で、質を低下させる要素の一つであるいびきを予防する効果もあります。またコエンザイムQ10には酸化型と還元型があります。酸化型は体内に入ってから吸収されるまでに還元型に変換する必要がありますが、還元型は体内に取り入れてから変換する必要がないため、酸化型よりも無駄なく吸収されます。特に慢性疲労症候群の方は還元型に変換する力が弱いので、還元型の方をおすすめします。
還元型コエンザイムQ10のことならカネカのサイトからご覧ください。